《デリヘル攻略》女の子の嫌がる行為はしない

デリヘルを呼んだ時に相手に知られないように隠しカメラを仕込んで、女の子と自分のプレイを盗撮している人がよくいます。
このような盗撮行為をやりたくなる気持ちは、管理人もわかりますが、絶対に実行に移さないようにしてください。女の子は多くの場合におきましては、自分がデリヘルで仕事をしているということを、周囲の人に隠しています。
盗撮というのはお店の禁止事項にも定められており、もし発覚してしまったら多額の慰謝料の請求に応じなければいけないこともあります。
盗撮をした映像を自分だけで後々楽しむのでしたらまだいいのですが、それをネットに公開してしまったりする人がいるのです。
エッチな行為をしている姿を公開されてしまった女の子がどれだけ傷ついてしまうのかをしっかりと考えましょう。

 

デリヘルと言えばヘルス的なものだけではなく、M性感やイメクラ的なデリヘルもあります。
最近では数多くの店舗型デリヘルが派遣型へと移行しており、デリヘルが多いのは確かなことです。



《デリヘル攻略》女の子の嫌がる行為はしないブログ:20210502

おれは人に近づくことがすごく苦手なタイプです。
小さい頃から友人を作ることが苦手でしたし、
転校など環境が変わるといつも孤立してしまいました。

好きな人が出来ても近づけない…
彼氏に上手く自分を表現できない…
会社の上司にも距離を感じてしまう…
大人になれば両親とも何かしら距離を感じる様になる…

どうしておれは
いつもいつも人との距離に悩み苦しんでいるんだろう?
どうして人と人の間には距離が出来てしまうんだろう?

そんなおれには
現在二歳になるむすこがいます。
むすこにも近所の友人や
公園での友人が出来てきました。

だけど彼らを見ていると
人と人との距離なんて、感じている様は見えません。
もちろんおれや奥さんに対しても、いつもあるがままでいます。

親父やママだけでなく
道で出会う見知らぬおばさんにも微笑みかけています。
むすこはまだ人との距離をちっとも感じずに暮らしているのです。

ずーっと昔の自分を思い返せば、
おれにもそんな時代があったような気がします。

ママに連れられ街を歩いていても、
電車に乗っても、バスに乗っても、
周りの大人は皆んな優しく微笑みかけてくれている。
そんな風に感じていた頃がありました。

何か困った事があったら誰かが助けてくれるし、
泣いていたら誰かが駆けつけてくれる。
デパートの店員さんはいつも笑っている。

その頃、おれは周りの誰とも距離を、
感じてなかったように思います。
どこに行っても
ありのままの自分でいられた様に思います。

そして街にも電車の中にもお店の中にも、
優しい人しかいない様に感じて生きていました。

でも…
大人になった今、街角はおろか、
一緒に暮らしている大切な奥さんやむすこにも
距離を感じることすらあります。

なぜなんでしょう?